catch-img

Ken Yokoyama -Brand New Cadillacについて。

いや、やばくないすか。

横山健とチバユウスケが一緒にやってる。

フェスとかでは一緒にやったりしてたみたいだけど、

いざ見てみるとすげーなこれ。



何がすごいのか

まずさ、グレッチ弾いてる横山健とチバユウスケが一緒にThe CLASHを演るってだけですげーよな。

確かにpressure dropとか演ってたけども、改めてすごいな。


まず90年代後半くらいを思い浮かべてほしいんだよね。

例えばハイスタはTシャツに短パンでメロパン鳴らしながらAIRJAMとかやってたんでしょ。

かたやミッシェルはスーツ着てゴリゴリのガレージロックみたいなのやってたわけさ。


この時点でキャラが違いすぎるじゃん。

WANIMAとRADWIMPSが対バンするってなったら「えっ?!」ってなるじゃん。


それが20年の時を経てこうなってしまうんだからすげーよな。


The CLASH

クラッシュが2人の共通項であったのは間違い無いんだと思う。

二人ともパンクがルーツにあるわけだから。


ただ90年代なんかを見れば、ハイスタはやっぱりメロパンだったし、要素として入ってるとしてもスラッシュメタルとかだと思う。

だからなんだかんだ言っても「横山健=ステッカーまみれのレスポール」だったし、

「ステッカーまみれのレスポール=メロパン、スケパン」だったはず。


でもSentimental Trashくらいから横山健のサウンドがいわゆる「ロックンロール」に近づいてきて、それがあっての今回なんだろうな。


まとめ

時代とともに人間関係も音楽性もバンドも変わった二人が会うべくして会ってしまった結果がこの曲なんだろうと思いました。

山本しゅーたろー

山本しゅーたろー

都内のITベンチャー企業でライターしてる新卒1年目。 音楽の趣味は雑食。 主食はロック。 twitter:@taroshutaro