catch-img

バンドがテレビに出るようになってきた。

なんかここ数日twitter上がざわざわしてると思ったらバンプがMステに出るとのことだった。

紅白も出てたし曲の感じからして昔と変わったんだろーなーと思った。

でも最近よくロックバンドがテレビに出てる気がする。

個人的にはみんなにロックが好きになってほしいから大賛成なんだけど、

なんかわちゃわちゃいう人もいるし、その辺考えてみようと思う。


そもそも

そもそもバンドがテレビに出ないって流れを作ったのは誰なのか。

確かに大元を辿ればロックという音楽のジャンル上、「一般大衆ウケなんかクソ喰らえじゃ」的な意見はあるかと思う。

実際カートコバーンはそこで苦悩したんじゃないのと。


だが、しかし、But、


ロックもちょっとずつ変わってきてるし、海外見ればテレビに出演してロックスターになってるアーティストは山ほどいる。

日本のロックスターと呼ばれるアーティスト達もそうだろう。


じゃあ「ロックスターになんかなりたくねえよ」的な奴らがいたんだろう。

その代表がハイスタなんじゃないのかな。

みんながテレビ見てCD買ってた90年代にずーっと地上波に出ずにDIYを掲げてた彼らがかっこよかったんだと思う。

だからそこに憧れて、「俺たちもテレビ出ない」ってバンドが増えて、

いつしか「ロックバンドはテレビに出ないもの」ってルールができてたんじゃないのかな。

もちろん全部が全部じゃないけど。


きっかけは?

バンドがテレビに出るきっかけになったのはやっぱり横山健がMステに出たことじゃないのかな。

俺もすげーびっくりしたし。

でも横山氏も言ってたけど、テレビのあり方も変わってきたんだよね。

これだけインターネットが発達して、メディアとしてのキャラクターが変わってきた。

しかもそれに加えて、ロックバンドが流行らなくなってきた。

フェスは人気だけど、普段からロックばっかり聞いてる若者なんてそんなにいっぱいいないでしょ。

少なくとも俺の周りにはあんまりいない。

そういうのもあって、自ら横山健はその足枷を外したんじゃないのかな。

そしたらやっぱみんなその後テレビ出るようになってきたじゃん。

SiMも出てたし、RADは前前前世だし、BUMPも紅白出たし。

ほら、ナッシングスも出たじゃん。

ナッシングスについての記事


なんつーか「テレビに出る=だっせぇ」じゃなくなってきたんじゃないのかな。

結局はみんなにロック好きになってほしいのよ。


どーなった?

プラス面としてはやっぱりロックにちょっと火がついたよね。

WANIMAなんて最たる例だと思う。

この前までEXILE聞いてた友人がWANIMA聞いてたもん。

それってすごいことだと思う。


ただマイナス面もある。というかマイナスに受け取る人もいる。

特に古参と言われる方達。

ファンの層がどーだ、ライブのマナーがどうだ、最近の曲調がどーだ。

いや、そりゃ仕方ねーじゃん。

俺だってジャニーズのコンサート行ったらどうしていいかわかんねーよ。

だからそこは優しく教えてあげる文化があるべきだと思うし、

そこを排除して行ったらまじでロック廃れると思うのよ。

だからみんな優しくしていこーよ。

曲調嫌いになったらもうそれは仕方ないじゃん。

顔が好きでファンになったわけじゃないでしょ?

そーゆーとこはロックでいようぜ。

山本しゅーたろー

山本しゅーたろー

都内のITベンチャー企業でライターしてる新卒1年目。 音楽の趣味は雑食。 主食はロック。 twitter:@taroshutaro