catch-img

激しめおしゃれバンド Nothing's Carved In Stone

先日ツイッターを見てびっくりした。

ナッシングスがバズリズムに出演するというのだ。

武道館公演を終えて遂には地上波へ。

どうせならもっと多くの人に聞いてもらいたいし、このタイミングで色々と好き放題に魅力を語りたい。


メンバー

Gt.&Ch. 生形真一

皆さんご存知のELLEGARDENのギタリスト。

激しいリフと煌びやかなアルペジオの緩急がすごい。


ワウを踏みながらのギュワワァ〜ってサウンドが個人的にすごい好き。

彼の椎名林檎姫も生形氏のことを「獰猛なプレイをするギタリスト」と述べている。

Commentary from 椎名林檎 - 作品 | 椎名林檎 Special Site

生形氏のギタープレイはこの辺の動画を見ていただければ分かるかと。


というか生形氏は地上波何回か出てるんだよね。

紅白もバックで弾いてたし。


Ba. 日向秀和

こちらもご存知ストレイテナーのベーシスト。

というかテナーだけじゃなくてZAZENでやってたりARTでやってたり。

とりあえずえげつない音出す。

ベキベキボコボコのグルーヴ感が本当にかっこいい。

あとライブでの煽りがすげえ好き。

プレイだとこんな感じ。

音楽のルーツとしてロック以外にもHIPHOPとかも聞いていらっしゃる。

それがこのグルーヴ感にも繋がってるのかもとか勝手に思う。


Vo. 村松拓

ABSTRACT MASHのボーカルしてた村松氏。

とりあえずイケメン。

そんで銀シャリの鰻に似てる。

ちょっとハスキーな声が魅力。

こんな声出してえ。


Dr. 大喜多 崇規

オニィです。

モフモフ。

とりあえず手数がすごい。

なのにクセがない。

ナッシングスのサウンドがあんなに心地いいのはオニィのサウンドがあってこそだと思ってます。

この動画でサウンドとモフモフ感を楽しんでください。




楽曲

タイトルにも書きましたが僕はナッシングスは「激しめおしゃれバンド」って勝手に解釈してます。

踊れちゃうダンスミュージックっぽい感じとロックの激しさが融合してて、唯一無二のサウンドになってる感があります。

実際ライブに行くと踊っちゃってる人見かけます。

ほら、なんか踊れちゃうでしょ。


ロックバンドなんだけどすごい都会的と言うか。

でも全然ナヨナヨしてなくて男くさい感じ。

多分だけどそれぞれがプレイヤーとして卓越してて、それがすげえいい形でサウンドとしてまとまってるんだろうなと思う。


今年は大阪でLive On November 15thが開催されるみたいですげえ楽しみ。






山本しゅーたろー

山本しゅーたろー

都内のITベンチャー企業でライターしてる新卒1年目。 音楽の趣味は雑食。 主食はロック。 twitter:@taroshutaro